編入学【合格体験記】岡山大学 理学部 物理学科

大学

皆さん、こんにちは。

RiKです。

今回は、岡山大学理学部物理学科の編入学試験を受験したので、その時の体験談を書いていこうと思います。

受験を考えている方の参考になればうれしいです。

では、いきましょう。

スポンサーリンク

岡山大学について

岡山大学をあまり知らない人に岡山大学について少しだけ書きます。

メインはこの先なので、岡山大学についてある程度知っている人は読み飛ばしてもらって結構です。

岡山大学はどの都道府県にもある都道府県の名を持つ国立大学のうちの一つです。その中でも旧帝大を除くと割と偏差値的に上の方に位置しているようです。

しかし、編入を控えているみなさんは安心してください。編入学試験は普通の大学受験に比べると楽ですし、大学の難易度も普通の大学受験の難易度に完全に比例しているわけではありません。

スポンサーリンク

受験科目および受験対策

僕が受けた令和2年度の理学部の受験科目は口頭試問、面接のみです。

どうです?楽そうでしょ?試験自体はとても楽でしたが、受験対策は口頭試問ともなると対策がしづらいので気持ち的には楽ではありませんでした。

実際に僕が口頭試問対策でした事は主に教科書を読む事です。

時系列に沿って具体的に申しますと、5年6月上旬までに『大学生の初等力学』を2周、電磁気学の『ファイリングノート』を前半までしました。

ファイリングノートは前半までで十分だと思ったので、そこで止めました。

あとは、いくつかの大学の過去問を数年分、これはおそらくのべ10〜20年分ほど解いたと思います。ここまでは問題を解くための勉強をしていました。

ここで勉強法を変える転機が訪れました。

自分の研究室の先生と話していて、僕は「口頭試問ではどのような問題が出るのですか」と聞きました。その先生は「簡単なことしか聞かれないと思うよ」と答え、僕が「例えばどんなですか?」と聞くと、「保存力について説明して、とかそんな感じじゃない」といいました。

僕はこのとき、この保存力について説明が思い浮かばなかったのです。それが僕にとってはちょっと衝撃で、焦ったのを覚えています。僕は問題を解く勉強だけしていて、物理学を勉強していなかったのだと気づきました。

そこからはその先生が勧めてくれた教科書を隅から隅まで理解することを心がけ、受験までは教科書の例題以外は問題を解きませんでした。その時使っていた教科書のリンクを載せておきます。

今思うと、問題をひたすら解く勉強から、教科書を隅から隅まで理解する勉強に切り替えて本当に良かったです。

スポンサーリンク

受験当日

面接まで

試験当日のことを事細かく書いていきたいと思います。

朝は8時40分集合、9時試験開始でした。僕は念のためホテルを早く出たので8時ごろには大学に着いてしまいました。

早くついても控え室に入れさせてもらえないので、やることがなかったのですが、僕は理学部編入の中で2番目についたので、最初についていた人とちょっと喋っていました。

そのため、僕は待つ時間があっという間に感じられましたが、そとで待たされるため、あまり早くいく必要はないと思います。

その後、学科ごとに控え室に案内されました。控室は、長時間待たされることも考えられるため、確か飲食は可能だったと思います。

実際、僕は自分の前に受験者が10人ぐらいいたため3時間近く待ちました。その間、勉強を少しだけしていたのですが、長すぎて大半は寝てしまいました笑笑。

面接

自分の面接の時間になり、試験室に入ると、試験官が5人並んでいました。

用意されていた席に座ると、席の前の机には3枚の紙が置いてありました。

1枚目の紙には物体の水平投射の問題、2枚目はガウスの法則の簡単な問題、3枚目は不定積分の問題が書かれていました。

最初に、志望動機を聞かれました。志望動機についてはかなり深く突っ込まれました。ちゃんと考えておく必要があると思います。

そして、1枚目の紙の問題を解くよう指示されました。その問題は、全く同じ問題が先ほど紹介した『わかりやすい理工系の力学』に載っていたので、順調に解けました。

解き終わると、次は「合否には関係ない質問です」と言われ、併願校ともし合格したら岡山大学に入学するか聞かれました。答えると面接は終了しました。

2枚目、3枚目の問題は何だったのか、、、

面接後

面接が終わった後はすぐに帰ることができました。結果は合格しました。受験者の七割は受かっていたと思います。そこまで難しい試験ではなかったのでそれくらいいて当然かなと思いました。

スポンサーリンク

感想

長くなってしまいましたが、受けるか迷っている人は受けるべき大学だと思います。

確約書はありますが、提出期限が遅いため併願もしやすいと思います。面接官はまさか5人もいるとは思ってなかったので緊張しましたが、良い経験にはなりました。

大学 移動用 編入
スポンサーリンク
物理を勉強するたぬき

高専から地方国立大に編入した現役大学生です。大学では物理学を専攻しています。編入学の情報などを「物理を勉強するたぬき」というブログサイトで発信しています。
何か聞きたいことがあれば、Twitterかメール(physicsblog.acc@gmail.com)でお気軽に聞いてください。

物理を勉強するたぬきをフォローする
物理を勉強するたぬき
タイトルとURLをコピーしました