大学編入の試験日などをまとめて表を作りました!!

詳しくはこちら

【自作PCに初挑戦Vol.0】予算13万円構成を考える

自作PC

これから自作PCに挑戦してみようと思うのですが、パーツ選びが複雑で困っています。
ということで、自分の記憶整理も兼ねて買っていくパーツを考えていきます。

自分と同じ初めて自作PCに挑戦する人には参考になるでしょう。

スポンサーリンク

本題

なぜ自作をするのか?

「なぜ自作をするのか?」に対する答えは「興味があったから!!

別に今のパソコン(Macbook Air 2020モデル)に不満はない。
自作ができれば何でもいいのだが、やるからにはコスパの良い万能マシンを組んでみたい。せっかくなのでグラボ搭載のパソコンでしかできないことをしたい。
ということで僕の自作PCに求める性能は以下になります。

  • マイニング効率がいい(遊びでマイニングしたい)
  • マイクラの影modで遊べる
  • ApexやFFなどのゲームが快適
  • 通常使用でのマルチタスクが快適

グラボが一番の悩みどころですが、結論を出しました。

パーツ構成紹介

今回僕が購入するパーツは以下になります。

パーツ種類値段
CPU第12世代Core i312100F¥13,797
グラボ玄人志向 RTX2060 12GB¥52,980
マザーボードMSI PRO B660M-E¥12,980
メモリcrucial DDR4メモリ 8G 2枚組¥6,280
ストレージcrucial M.2 SSD 500GB¥5,182
電源玄人志向 650W 80PLUS GOLD¥8,055
PCケースDEEPCOOL MACUBE 110¥4,910
OSWindows10 Home パッケージ版¥15,480
合計¥119,664
価格は2022/2/25 価格ドットコムのもの

個人的に調べ尽くした限り最高コスパの構成です。

スポンサーリンク

各パーツを選んだ理由

CPU:第12世代Core i312100F ¥13,797

12100Fか12100か

intelのCPUにはFつきとそうでないものがある。違いは内蔵グラボがあるか否か。
12100Fは内蔵グラボなしモデルで、無印より3000円ほど安いです。

安い方を選んだわけですが、3000円くらいならグラボ搭載モデルも十分ありです。
僕は別でグラボを用意するので、とにかく安いモデルを選びました。

12100Fか10400Fか

これは最新世代のi3か、旧世代のi5か。

まず値段は12100Fのほうが3000円ほど安いですが、対応するマザーボードが逆に3000円ほど高いので実質同じ値段です。
12100Fは4コア、10400Fは6コアなので10400Fのほうが性能よさそうですが、12100Fはシングルコア性能が高いので、実質的な性能はほとんど同じ。ベンチマークも変わりません。

その他の違いは消費電力と付属CPUクーラー。
消費電力はi3のほうが良いです。また、付属CPUクーラーは12世代から変わりかっこよくなりました。

12100Fを選びましたが、どちらでも良さそうです。

GPU:玄人志向 RTX2060 12GB

マイニング効率が良い

マイニングに少し興味があったため、挑戦してみます。
とは言っても、マイニングなんてクリックひとつでできてしまうものですが。。。

グラボの種類一日あたりのマイニング報酬値段
RTX3060(LHR)¥82¥68,900~
RTX2060¥104¥52,980~
RX6600XT¥105¥62,666~
RX6600無印¥87¥54,706~
GTX1660Ti¥96¥47,800~
2022/2/26 現在、値段は価格コム

マイニング効率が良いのはNvidia Geforceでは、2000番台、GTX 1660Ti(super)で、AMD RadeonではRX6600XTです。
Geforceの3000番台はマイニング効率が良すぎて、現在ではマイニング制限がかかっているので選択肢から外れます。

マイクラの影modで遊べる

影modに限らずレイトレーシングなどで遊んでみたいという願望もあります。

ということでレイトレーシングに弱いAMD RadeonとGTX1660Tiは選択肢から外れてしまいました。
結果、残ったのはGeforceの2000番台です。しかし、ちょっと古いモデルだったのが気がかりでした。
そんなときに2060が2021年12月にマイナーチェンジされました。
性能が少し上がり、値段も性能に対してはかなり安い(¥53,000)だったので買ってしまいました。
この値段で2060が買えるなら、みなさんも2060で良いのではないでしょうか。

グラボの印象
  • RTX3060・・・ゲーム性能は圧倒的。マイニングなしなら3060一択。
  • RTX2060・・・ゲーム性能もマイニング性能もそこそこ。器用貧乏だが、5万台前半で買えるならこれ。
  • RX6600XT・・・レイトレをせずにフレームレートを追求する人におすすめ。ワットパフォーマンスが良く、マイニング性能は高い。
  • GTX1660Ti・・・RX6600のような位置づけ。マイニング性能も高い。46,000円とかで買えるならアリ。
  • RX6600無印・・・電力効率が良いが性能やコスパは1660Tiが勝っているのでナシ。

マザーボード:MSI PRO B660M-E

B660かH610か

これを選んだ理由はIntel12世代CPU対応のマザボでB660では最安だったから。

H610でも良かったのですが、1000円しか違わなかったので上位モデルのB660で良いか、てな感じです。

メモリ:crucial DDR4メモリ 8G 2枚組

特に理由はありません。最安の16GBメモリです。
コスパ重視のPCでは定番モデルです。

ストレージ:crucial M.2 SSD 500GB

最近はM.2もSATAも値段は変わりません。M.2SSDを選ばない理由はありません。
このモデルを選んだ理由は最安だったから。

500GBというのが少し心もとないですが、必要に応じて追加していけば良いでしょう。

電源:玄人志向 650W 80PLUS GOLD

電源はコスパで評判の玄人志向のものから選びます。
電源の効率はマイニング効率に直接影響してきます。なので80PLUS認証はGOLD以上が望ましいです。

電源容量ブロンズ認証シルバー認証ゴールド認証
550W¥5,896¥7,045
650W¥6,355¥7,051¥8,055
750W¥9,475¥8,309¥10,081

個人的にGOLDが効率と値段のバランスが一番取れていると感じました。
僕の場合や20万を超えるようなPCではない場合は、550Wが最低ライン。
と思い550Wのものを考えましたが、650Wでも1000円ほどしか変わらない。
それなら1000円払って650W電源にしたほうが幸せになれます。(750Wは10,081円、高すぎ)

たまに安い電源だと、黄色などカラフルな配線のものがあります。
僕はスケスケのPCケースを買おうと思っているので、カラフルな配線はいただけません。
この電源は最安クラスですが、黒いケーブルでいらないケーブルは取り外せるので、高コスパPCの定番モデルです。

PCケース:DEEPCOOL MACUBE 110

白のスケスケケース

白のケースでコスパが良いのはこれです。
コスパで有名なThermaltakeのバーサなどもかなり評判が良いですが、サイドパネルがアクリルです。
プラスチックなんです。しかし、MACUBE 110は高級モデルと同じガラスパネルです。

ただ、フルサイズのATXマザーは使えないので注意してください。

さらにサイドパネルがマグネット式で取り外しできます。
僕が参考にした動画を載せておきます。

OS:Windows10 Home パッケージ版

Windowsは11ではなく、10にしました。もちろん11に無料でアップデートします。

また、DSP版ではなくパッケージ版にしました。
パッケージ版はパソコンを買い替えても新しいパソコンで使えますが、DSP版はそのパソコン限りです。DSP版のほうが3,4千円やすいですが、この先のことも考えればどちらを買ったほうが良いかは明白です。

自作PC
スポンサーリンク
凡才たぬき

とある国立大の大学院生。高専から編入学、そして外部院試を経験しています。
備忘録も兼ねて、ブログを運営中。
加えて日記として note を使用。
何か聞きたいことがあれば、Twitterかメール(physicsblog.acc@gmail.com)でお気軽に聞いてください。
投げ銭はこちら

凡才たぬきをフォローする
凡才たぬきの物理

コメント

タイトルとURLをコピーしました