【大学編入】面接で多い質問と対策について

勉強法

編入学試験では、必ずと言っていいほど面接があります。

しかし、面接はそれほど重要ではないという話もあります。
確かに、筆記試験のほうが配点の8割以上を占めることがほとんどです。

それでも2割を確実に取るためにも、最低限の対策はしておく必要があります。

スポンサーリンク

面接対策について

面接対策の流れ

面接対策の流れは以下の流れで準備していくとよいでしょう。
概ね一ヶ月前から徐々に準備していくのが、適切です。

  1. 面接マナーを学ぶ
  2. 予想質問と答えを準備
  3. 模擬面接を行う

面接の準備期間

1〜2ヶ月前から準備していくのが適切です。直前の一週間前から準備をする人もいますが、十分ではありません。

面接では、論理的な受け答えが求められます。そのためには情報を頭の中で整理する必要があり、ある程度の時間が必要となります。

筆記試験よりは面接の配点はかなり低いですが、筆記試験がない or 簡単な試験である場合は、口述試験が重要になります。余裕を持って準備しましょう。

スポンサーリンク

面接について

面接の所要時間

面接の所要時間は、15分〜20分ほどが一般的です。推薦試験や口述試験などがある場合は長くなる場合もあります。

私が受験した2校も15分程度でした。

スポンサーリンク

面接で聞かれる質問

面接でよく聞かれる質問は以下のとおりです。

  • 志望理由
  • 大学への進学理由
  • なぜ大学を変えるのか(大学生のみ)
  • 高専時代、力を入れたこと
  • 今やっている卒業研究について(高専生のみ)
  • 大学でやりたい研究
  • 筆記試験の手応え
  • 入学したら特に何を勉強したいか
  • 卒業後の進路
  • 併願校について、合格したら入学するか

志望理由

志望理由は、「なぜその大学を選んだのか?」に対する答えを一分以内で簡潔に説明できるようにしましょう。

特に、志望理由がない場合は、受験する学科の研究室について調べて、「○○先生の研究に興味があり、その研究室に入りたいから来ました」というのも有りです。

しかし、その場合はしっかりその研究室、教授について調べて、深堀りされてもある程度答えられておくようにする必要があります。

大学への進学理由

進学理由はそれほど多く考えられなかったので、僕が質問されたら以下のように答えます。

Q:なぜ大学に進学するのか?
A:企業の技術職や研究機関で研究することなどが自分の将来の選択肢にあり、そのためには大学で〇〇学をより深く学ぶことは必要であると考えたからです。

なぜ大学を変えるのか(大学生のみ)

大学を変える理由については、志望理由に紐付けて考えるのが適切です。

そこでよく聞かれるのが、「うちの大学でなくてもいいんじゃない?」という質問です。

そのように聞かれたら、「〇〇先生の△△の研究に興味を持ったからです」と答えられればいいでしょう。
もしくは、その大学のカリキュラムに特徴があるのなら、それに紐づけてもいいです。

高専時代、力を入れたこと

これについては部活や勉強などを挙げて、答えるのが一般的です。
(バイトは良くない)
すぐに思い浮かばない人も多いと思います。
しかし、重要なのは何を頑張ったかではなく、どう頑張ったかです。

成績の悪い人でも、「あの科目は面白いと感じて自分で調べながら勉強できた」などあると思います。

  • バイトと勉強と部活を両立するために、時間を有効に使う方法を考えた結果、勉強の効率が上がった。
  • 〇〇の授業が難しかったが、図書館で文献を調べながら勉強して理解できた。
  • バイトを頑張った。
  • 勉強を頑張った。

今やっている卒業研究について(高専生のみ)

自分の卒業研究について、聞かれることもあります。

進んでいれば答えられますが、あまり進んでいなくても「まだテーマが決まったばかりで、進んでいません」で問題ないと思います。
まだ大学2年の学生は、それほど専門的なことは要求されません

大学でやりたい研究

受験する学科のHPには各研究室の研究内容が載っているので、その中で興味のある研究について調べて、それを言えれば十分です。

もちろん、入学したらその研究室に入らなくてはいけないということもありません。

筆記試験の手応え

これは雑談混じりの質問です。正直に答えましょう。

入学したら特に何を勉強したいか

率直に何を勉強したいか答えましょう。
すぐに思い浮かばない人も、高専時代の専門科目を振り返れば、何かしら「ちょっと面白いかも」と感じた科目はあるはずです。

卒業後の進路

大学を卒業したら、大学院に進むのか、就職するのか、受験時点で決まっていればそれを答えましょう。

決まっていないなら、「専門性を深めるために大学院に進みたい」と答えるのがいいと思います。

併願校について、合格したら入学するか

「この質問は合否には関係ありません」と前置きされることが多いです。

正直に答えましょう。
その大学よりも明らかにレベルの高い大学を併願しておいて、「こちらが第一志望です」と答えても、逆に印象が悪くなってしまいます。

スポンサーリンク

面接当日の準備

面接はスーツで臨みましょう。
実際、周りもほとんどがスーツでした。

私服だから落とされるということはありませんが、面接は印象が重要になってきます。
面接を受ける態度としては、スーツで行くのが正解です。

スポンサーリンク

口述試験の対策

別記事で紹介しています。

スポンサーリンク

編入に研究室訪問は必要か?

別記事で紹介しています。

coming soon

勉強法編入
スポンサーリンク
凡才たぬき

地方国立大学の4年生。高専から編入学、そして外部院試を経験しています。
備忘録も兼ねて、ブログを運営中。
加えて日記として note を使用。
何か聞きたいことがあれば、Twitterかメール(physicsblog.acc@gmail.com)でお気軽に聞いてください。
投げ銭はこちら

凡才たぬきをフォローする
凡才たぬきの物理
タイトルとURLをコピーしました