【高専生必読!】高専生はPrime Studentを利用すべき3つの理由

移動用

高専生の皆さん、こんにちは。

今回は、僕が高専に入ってから長らく使っている Prime Student について紹介します。

高専生は、Amazonユーザーも多いと思います。しかしおそらく、無料会員の人も多いと思います。年会費を払ってまでamazonプライムに登録する必要性を感じていないのではないですか?

ここで言っておきます。あなたが高専生なら、ぜっっっっったいにAmazonPrimeに加入するべきです

実際、僕は高専にいて、数年間利用しました。

僕の周りも多くの高専生が利用しています。

今回は、高専生のあなたに絶対登録してほしいPrime Studentの便利すぎるサービスについてお伝えします。

スポンサーリンク

学生向けサービス Prime Student

Prime Studentは学生向けのamazonプライムです。

映画・TV番組が見放題、音楽が聴き放題などの特典があるamazonプライムですが、Prime Studentでもほぼ同じ特典を利用することができます。

さらに、Prime Studentならではの嬉しいポイントもあります。

ここでは、高専生が Prime Student に登録するべき理由を3つ紹介します。

年会費が半額

Prime Student の年会費は2450円です。月額250円でも、利用できます。

Amazonプライムの年会費は4900円ですので、 Prime Student は半額でAmazonプライムと同等のサービスを受けられることになります。

RiK
RiK

余談ですが、アメリカのAmazonプライムの年会費は119ドル(約13000円)ですので、日本の Prime Student の2450円はめちゃくちゃ安いです。

無料体験が半年間

Prime Studentには、無料体験期間が6か月間もついています。

amazonプライムにも無料体験期間は設定されていますが、そちらは30日間です。対してPrime Studentは半年もの間、サービスを無料で利用することができます。

すべてのサービスが無料期間中も利用できるわけではありませんが、

登録するか迷っているという方のお試しには、ゆとりのある体験期間は嬉しいと思います。

無料期間中に有料会員特典を利用したくなったら、いつでも有料会員に移行することもできます。

RiK
RiK

半年間という体験期間は他のサービスと比べても異常な長さです。

迷っている人は、とりあえず無料体験だけ登録してみることをおすすめします。

高校生は対象外だが高専生は対象

Prime Student は高校生は登録できませんが、高専生は利用できます

僕が高専生におすすめする理由はこれです。高専生の利点は存分に生かすのが吉です。

スポンサーリンク

Prime Student の素晴らしい特典

プライム・ビデオ

映画やTV番組が見放題になるサービスです。国内外の映画やドラマ、バラエティ番組を楽しめるほか、放送中のアニメなども続々と追加されるので、楽しみが尽きることがありません。

かなり多くの映画やテレビ番組が見られます。海外の映画もかなりありますが、国内の映画も数えられないほどあります。スマホでも見られるので学生も十分に利用できます

プライムビデオの利用だけでもPrime Student に入る価値は十分にあります。

RiK
RiK

アニメも最近のアニメまでかなりあるのはアニメ好きの高専生にはたまらないですよね。 僕はアニメよりも海外の映画を見ていますが、、、

有料配送が使い放題

通常、配送料360円、当日指定ならば514円がかかるお急ぎ便、お届け日時指定便が、Prime Student会員ならばいつでも無料で使い放題です。

できるだけ早く商品がほしいときや、荷物を受け取るために家にいられる時間が短いときなどはとても便利ですよね。2か月に一度amazonでお買い物をすれば、年会費の元が取れます。

RiK
RiK

僕はAmazonのお急ぎ便はかなり使っています。その日中に注文すれば、たいていの商品が次の日には届きます。驚異の速さです。

Prime Reading

対象のKindle本が追加料金なしで読み放題になるサービスです。手持ちのスマートフォンやタブレットなどの端末で利用することができます。

対象の本は小説、ビジネス本、実用書、漫画、雑誌、洋書など、幅広いジャンルが揃っています。読みたい小説を2、3冊読んでしまえば、年会費の元が取れる計算です。

RiK
RiK

読書好きの僕はかなり、Kindle本を読んでいます。体感的には自己啓発本とビジネス書と小説が多い印象です。

Prime Music

200万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストが聴き放題になるサービスです。スマホやタブレットで利用でき、オリジナルのプレイリストを作ることもできるので、音楽好きにはとても嬉しいサービスだと思います。

RiK
RiK

Prime Music は正直なところ、おまけ程度のサービスだと思います。日本の音楽はそこまでありません。

Amazon Photos

Amazon Photos

カメラ・携帯で撮った写真を容量無制限で Cloud Drive に保存できるサービスです。Cloudの容量を定期的に購入する必要がなくなります。無圧縮のまま保存されます。

もちろん、いつでもどこからでも見ることができます。スマホのデータ管理や写真が趣味の人には便利なサービスです。

RiK
RiK

無圧縮なのはかなり大きいですね。Googleフォトなどは圧縮されて、保存するときに荒くなってしまうので。

スポンサーリンク

Prime Studentの登録条件

対象の学生

Prime Studentは学生向けのサービスです。とは言っても、すべての学生がPrime Studentに登録できるわけではありません。

日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校のいずれかに在学する学生であることが条件です。残念ながら、高校生は対象外です。

RiK
RiK

同じ年齢の高校生は使えないのに、高専生は使えるんですよね。高専生はこういうところでかなり得です。

在学証明になるものが必要

登録の際には、対象の学校に在学していることの証明が必要になります。基本的には学籍番号を使用しますが、学籍番号が発行されていない場合や、学籍番号を登録したくない場合には、他のもので代用できます。

その際に使用するのは、学校から配布されているメールアドレス(ac.jpのアドレス)です。メールアドレスもない場合には、学生証、 在学証明書、受講証明書のいずれかひとつを写真に撮り、amazonに送ることで登録が可能です。

支払方法の登録

年会費の支払方法も登録しなければなりません。クレジットカード、au WALLETプリペイドカード、Visaデビットカードが使えます。これらのカードを持っていない場合には携帯決済も可能です。

また、親権者の同意があれば、親権者のカードを支払い方法として登録することもできます。学生にはクレジットカードを持っていない人も少なくありませんから、他の方法でも年会費を支払えるよう配慮されているのが嬉しいですね。

スポンサーリンク

最後に

Prime Student について、紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

Prime Studentはとてもおトクなサービスです。amazonプライムの半額の年会費1900円で、ほぼ同じサービスを利用することができます。 一瞬で元が取れてしまします

僕はこのサービスにはまり、3年ほど継続して利用しています。プライムビデオは毎日のように利用しています。

無料体験が6ヶ月と長いので、ぜひ一回、 Prime Studentに登録してみることを強くおすすめします。

移動用 高専
スポンサーリンク
物理を勉強するたぬき

高専から地方国立大に編入した現役大学生です。大学では物理学を専攻しています。編入学の情報などを「物理を勉強するたぬき」というブログサイトで発信しています。
何か聞きたいことがあれば、Twitterかメール(physicsblog.acc@gmail.com)でお気軽に聞いてください。

物理を勉強するたぬきをフォローする
物理を勉強するたぬき
タイトルとURLをコピーしました