大学編入の試験日などをまとめて表を作りました!!

詳しくはこちら

長岡技科大の編入学試験を徹底解説します【倍率、過去問など】

大学

先日、スマホをトイレに落とした凡才たぬきです。

今回は長岡技科大の編入学試験について解説します。

長岡技科大とは

豊橋技科大と並び、日本に2校しかない技術科学大学のひとつ。

技術科学大学とは、高専卒業生が編入するために作られた大学です。

そのため学生の多くが編入学生であり、ほとんどの学生が大学院まで進学します。

技科大に関する他の記事はこちら解説した記事はこちら↓↓↓

スポンサーリンク

長岡技科大の編入学試験の概要

入試概要

入学試験は主に、推薦入試と学力入試があります。

推薦入試・・・高専から推薦をもらって出願する。試験方法は書類審査のみ。併願は不可。
学力入試・・・大学で実施されるペーパーテストの結果で合否が決まる一般的な入試。併願可。

推薦入試の学力基準に関して、募集要項に次のような記載があります。

出願資格
令和3年度高等専門学校(商船学科を除く)卒業見込みのものまたは高等専門学校の商船学科を令和4年9月卒業見込みの者で、在学中の成績が上位に属し、出身高等専門学校長が人物及び学業ともに優れていると認めたものとします。なお、同一人を他の国公立大学と重複して推薦できません。

第 3 年 次 学 生 募 集 要 項 長岡技術科学大学

つまり、成績が上位という解釈により、各高専に推薦基準は委ねられます。
僕の出身高専では2年次からの成績が平均して半分以上が推薦条件でした。

入試日程

国立大学理系の編入学試験は概ね6月〜8月の間で実施されます。

長岡技科大の場合(前年度R4)は、以下のような日程で試験が実施されました。

入試区分試験日合格発表
推薦入試書類審査のためなし6/10
学力入試6/26、6/277/15

毎年、入試日程は大きく変わりません。
また、推薦入試が不合格になっても、そのまま学力入試を受験することもできます。

ちなみに豊橋技科大と学力試験の日程は毎年かぶっているので、基本的に併願はできません。

科目と配点

推薦入試

先述の通り、推薦入試には筆記や面接がなく、成績証明書などの書類審査のみで合否が決まります。

何を重視するかなどの詳細は明かされていません。

学力試験

学力試験の試験科目は以下になります。

試験科目国語英語数学専門面接
配点1002002003002001000
物質材料工学課程のみ集団面接となります

専門科目については以下の科目群から1科目選択になります。

スポンサーリンク

合格者数と倍率

定員や合格者数については技科大の公式HPから参照してください。
過去5年間の倍率(合格率)については以下のようになります。

まずは推薦入試。

倍率は 受験者数/合格者数 で算出しています。

グラフにすると以下のようになります。

続いて一般入試。

倍率は 受験者数/合格者数 で算出しています。

グラフにすると以下のようになります。

このグラフから言えることは

  • 推薦入試はほとんど合格する
  • 推薦、一般ともに電気電子情報工学課程の倍率は高い
  • 一般入試において、生物機能工学課程の倍率は低い

どの専攻を受験するにせよ、推薦がもらえるようでしたら推薦入試を受験するべきですね。
もちろん推薦に受かれば入学しなくてはいけないので、長岡技科大を第一志望にしている場合に限ります。

過去問

過去問を手に入れる方法
1.大学公式HPからダウンロード
2.高専の図書館で探す
3.ブログなどネット上で探す

大学公式HPからダウンロード

過去問は3年分のみですが、長岡技科大のHPに転がっています。
下のリンクに過去問があり、もちろん無料でダウンロード可能です。

過去問題:長岡技術科学大学 (nagaokaut.ac.jp)

高専の図書館

僕の在籍していた高専では、かなり多くの過去問を保存していました。
多くの高専が過去問を蓄えていると思われるので、一度探してみるといいかもしれません。

ブログなどから探す

実際に探してい見たところ、2件のみ見つけられました。

長岡技術科学大学編入試験(野良)解答集 数学
長岡技科大の編入試験の過去問が数学のみですが、解答付きで公開されています。
この書の製作者はおそらく長岡高専の先生だと思われますが、全てTeXで丁寧にまとめられています。
17年分もあるので、数学の過去問に関してはこれだけで十分そうです。

長岡技術科学大学の過去問一覧|SUUGAKU.JP
こちらも数学のみですが、2017年から2010年の過去問が解答付きで掲載されています。
しかし、こちらは1つ目のものを使っていれば必要ないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

入試について、相談したいことがあったら、担任の先生など相談しやすい先生と話すのがオススメです。

というのも学校の先生は毎年進学する生徒を見送っているので、この生徒の学力ならこの大学はいけるだろうなどの見積もりができます。

もしかしかしたら、それ以上の情報を持っているかもしれません。

他にも技科大に関する記事があるので、ぜひご覧ください↓↓↓

大学編入
スポンサーリンク
凡才たぬき

とある国立大の大学院生。高専から編入学、そして外部院試を経験しています。
備忘録も兼ねて、ブログを運営中。
加えて日記として note を使用。
何か聞きたいことがあれば、Twitterかメール(physicsblog.acc@gmail.com)でお気軽に聞いてください。
投げ銭はこちら

凡才たぬきをフォローする
凡才たぬきの物理

コメント

タイトルとURLをコピーしました