【2ヶ月使用レビュー】Mi 11 Lite 5G 【iPhoneから初めての乗り換え】

ガジェット
凡才たぬき
凡才たぬき

先日、スマホをトイレに落とした凡才たぬきです。

Mi 11 Lite 5Gは、日本で2021年7月に発売したSIMフリーの5Gスマホ。中国のXiaomiというスマホメーカーのスマホです。
日本版はFeliCa(おサイフケータイ)を搭載していて、Xiaomi公式の市場価格は4万3,800円(税込)です。

Mi 11 Lite 5GはXiaomi公式やAmazonでは43,800円で販売されていますが、OCNモバイルONEというドコモ系列の格安SIMとの同時契約なら格安で購入することができます。
僕は実際にそのような方法で2万円以下で購入することができました。↓↓


Xiaomi Mi 11 Lite 5G SIMフリー + OCN モバイル ONE【スマホセット】【音声契約必須】【他社乗り換え(MNP)同時契約必須】

格安SIMなので当然、月額の通信費も安い(僕の場合は税込550円)です。

Mi 11 Lite 5Gを購入してメイン機として2ヶ月使用したので、よかったところ、不満等をまとめていきます。

スポンサーリンク

Mi 11 Lite 5G まとめ

Mi 11 Lite 5Gを選んだ理由

Mi 11 Lite 5Gを選んだ理由は、コスパの高さおサイフケータイ対応の2点です。

ミッドレンジスマホでありながら、ハイエンド並みのスペック、おサイフケータイ対応、有機ELディスプレイなど機能もりもりなのがMi 11 Lite 5Gの特徴です。

他に考えたスマホが、同じくミドルレンジスマホと言われるGoogle Pixel 5a、OPPO Reno 5A

Google Pixel 5aは51,700円で、Mi 11 Lite 5GはOCNモバイルへの乗り換えで16,000円ほどで買うことができます。

Pixel 5aとMi 11 Lite 5Gのスペックは同程度なので、どちらを選ぶかは言うまでもありません。

次に、OPPO Reno 5Aは同じくOCNモバイルへの乗り換えで、Mi 11 Lite 5Gと同じくらい安くなりますが、Reno5Aのほうが優れているところは防水性能くらいでしたのでMi 11 Lite 5Gを選びました。

Mi 11 Lite 5G のよかったところ
  • 軽くて薄い
  • 処理性能が高く、カクつかない
  • カメラ
  • ディスプレイ
  • 指紋認証 + 顔認証
  • おサイフケータイ
  • MIUI(XiaomiのOS)のスーパー壁紙
Mi 11 Lite 5G の不満点
  • スピーカー
  • カメラ周りの動作
  • 情報が少ない
  • ディスプレイの当り外れ
その他の評価項目
  • 発熱
  • ゲーム
  • バッテリー持ち
  • 防水性能
  • Apple独自機能

スポンサーリンク

Mi 11 Lite 5Gの良かったところ

Mi 11 Lite 5G のよかったところ
  • 軽くて薄い
  • 処理性能が高く、カクつかない
  • カメラ
  • ディスプレイ
  • 指紋認証 + 顔認証
  • おサイフケータイ
  • MIUI(XiaomiのOS)のスーパー壁紙

薄くて軽い

Mi 11 Lite 5Gはとにかく薄くて軽い。

iPhoneXR と比べるとMi 11 Lite 5Gのほうが少し大きいにも関わらず、かなり軽いです。
画面が大きくきれいなので動画視聴などでは、文句なしです。
一応、Xiaomiは世界最軽量と謳っているだけあります。

デザインも個人的に気に入っています。

前面の縁までディスプレイがあり、背面の質感はサラサラしていて安っぽさはありません。

ケースつけてしまうとせっかくの軽さとデザインを無駄にしてしまうことになりますが、傷をつけたくないのでケースとガラスフィルムを買いました。

Mi 11 Lite 5GのケースはSpigenのシンプルなものにしました。

Spigenは、世界中で販売されているアメリカの人気ブランドです。シンプルなケースで飽きが来ないのでおすすめです。

ガラスフィルムとセットでSpigenを使っています。
セットで買うとお得になるときもあるので、チェックしてみてください!!

処理性能が高く、カクつかない

Mi 11 Lite 5Gの注目ポイントの一つである処理性能も素晴らしいです。

SNSやブラウジングなど普通に使っている分には、カクつくことがありません
iPhoneXRと比べても、速さの違いはわかりません。

ただ、ひとつだけカクつく場合がありまして、それはカメラを使っているとき。これに関しては不満点として後ほど説明します。

カメラ

Mi 11 Lite 5Gのカメラは3眼カメラで、超広角レンズが付いています。
以下は実際に撮影した写真です。

少々、色がビビットになりすぎているところがあります。
しかし、写真素人の僕はこのカメラでとても満足しています。

ディスプレイ

特に気に入っているのがディスプレイで、大画面6.55インチ90Hz駆動有機ELとフラグシップ並です。

有機ELは発色が素晴らしくて有名ですが、まさにそのとおり。黒の発色が液晶に比べると段違いです。

有機ELは、液晶に比べて低エネルギーです。また、特性上ダークモードにしておくことで、さらにエネルギーを抑えることができます。

指紋認証 + 顔認証

生体認証は指紋認証顔認証に対応しています。
指紋認証は側面の電源ボタンに付いています。

驚くべきはその精度で、指紋認証はかなり高速です。電源ボタンを押すまでもなく、触れた瞬間にロックが解除されます。

顔認証もiPhoneと比べても、遅いと感じることはありません。しかし、顔認証は2次元での認証のため、写真でも突破することができてしまうため、補助的な機能です
(わざわざ写真を使って僕のスマホロックを解除しようとする人なんていないので、僕は顔認証もガンガン使っています)

この二重の生体認証で、持ち方を考えなくともロックが解除されている場合がほとんどです。
このストレスの無さはiPhoneでは決して味わえません。

おサイフケータイ

Mi 11 Lite 5Gのおサイフケータイ機能には iPhoneにはできない設定があります。

それは決済時のロック解除の有無の設定です。

iPhoneはロックを解除しなければ決済できないですが、この設定をMi 11 Lite 5Gなら変えられるのです。僕はロック解除無しでスマホ決済できるようにしているので、スマホを何もせずにかざすだけで決済できます

これも使ってみないとわからない便利さです。しかし、セキュリティを犠牲にしている面もあるので、どっちが良いとも言いにくいですね。

MIUI のスーパー壁紙

XiaomiのスマホはAndroidベースのMIUIというOSを搭載しています。
この独自機能としてスーパー壁紙という壁紙があるのですが、ほんとに素晴らしい。

後ろの壁紙がロック画面とホーム画面の間でヌルヌル動くのです。
ただ動くだけではありません。スーパーにヌルヌル動きます。
動画のほうがわかりやすいので、動画を載せておきます。


Xiaomi Mi 11 Lite 5G SIMフリー + OCN モバイル ONE【スマホセット】【音声契約必須】【他社乗り換え(MNP)同時契約必須】

コメント

タイトルとURLをコピーしました