【大学編入】TOEIC 600点を超えるまでにやったこと【TOEIC対策】

TOEIC

昨今の編入学試験では、多くの大学でTOEICの提出が要求されます。

今回は、重要とされるボーダーの600点を超えるまでにやったことを紹介します。
ちなみに僕は、編入学試験のタイミングでは640点でした。

スポンサーリンク

基礎勉強

TOEICの概要を掴む:全パート攻略本

TOEICは英検やTOEFLとは違って、基礎的な英語力よりもビジネス英語が重要です。
そのため、いい点数を取るためにはTOEIC攻略のコツを掴んでいく必要があります。逆に言えば、基礎的な英語力が多少欠けていても、600点くらいなら簡単に到達できます。

TOEIC攻略の鍵になるのが、「全パート攻略本」です。

TOEICの全パート攻略本は数多くありますが、なかでもおすすめなのが、はじめて受けるTOEIC(R) L&Rテスト 全パート完全攻略 です。

主な特徴

  • TOEIC初学者向けとして600点を目標に作られている
  • 問題を解くコツや時間配分まで詳しく解説
  • 音声は専用アプリでDL可能
  • Amazonベストセラー
  • 電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」のサービス内

普通に買うと2000円ほどしますが、Kindle Unlimited なら一ヶ月の無料体験期間があるので、そのうちに2周ほどするのがおすすめです。↓↓↓↓

単語:金のフレーズ(通称、金フレ)

TOEICの単語帳は「金フレ」で決まりです。

TOEICの単語帳のド定番です。
これ以外の選択肢はないでしょう。

こちらの単語帳はレベル別に単語が載っています。730点レベルまでの単語を覚えましょう。

文法

基礎勉強の最後は文法です。
激オシの参考書は、「1駅1題! TOEIC L&R TEST 文法特急」です。

金フレと同じ特急シリーズの文法版で、こちらもド定番の一冊です。
この文法書は2021年3月に改訂され、最近のTOEICに対応しています。改定後のAmazonの評価は星4.5です。

中学文法からやり直したい人

中学文法からやり直したい人は「大岩本」をやりましょう。
中学文法から高校文法まで、主要な文法が短くまとまっています。
ゆっくりやっても一週間かかりません。

スポンサーリンク

実践問題の演習

実践問題の演習には「公式問題集」がおすすめです。

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 8
国際ビジネスコミュニケーション協会
¥3,300(2021/10/19 15:24時点)

主な特徴

  • TOEICを実施している団体が作った問題集
  • 本番と同じレイアウトで2回分の問題が収録
  • 本番と同じスピーカーの音声が利用されている
  • 音声は専用アプリでDL可能
  • 最新版の更新頻度が多いので、最新の問題で対策できる
    ※2021年10月15日に8巻目が新発売

公式ではない問題集も多く出版されていますが、個人的には絶対に公式問題集がおすすめです。

公式とそうでないものの一番の違いはリスニング音声です。
公式では、本番と同じスピーカーの音声が利用されているので、一段階本番に近いです。

スポンサーリンク

最後に

記事の初めで、TOEICは基礎力がなくても小手先の技術で600点は取れるみたいなことを言いました。
しかし、単語と文法だけは外せないのです。

単語がわからなくては内容が一つもわからず、文法がわからなくては文章の読み方がわかりません。

単語と文法をやったあとは、実践問題を多くこなせば、点数がぐんぐん伸びていきます。

TOEIC編入
スポンサーリンク
凡才たぬき

地方国立大学の4年生。高専から編入学、そして外部院試を経験しています。
備忘録も兼ねて、ブログを運営中。
加えて日記として note を使用。
何か聞きたいことがあれば、Twitterかメール(physicsblog.acc@gmail.com)でお気軽に聞いてください。
投げ銭はこちら

凡才たぬきをフォローする
凡才たぬきの物理

コメント

  1. […] 【大学編入】TOEIC 600点を超えるまでにやったこと【TOEIC対策】ranran-blog.com20…スポンサーリンク […]

タイトルとURLをコピーしました