大学編入の試験日などをまとめて表を作りました!!

詳しくはこちら

【高専からの大学編入】科目別おすすめ参考書まとめ

勉強法

この記事では、

高専生
高専生

大学編入を突破するための勉強としてどの参考書をつかえばいいんだろ?

という疑問にお答えします。

一般の大学入試では過去問が研究しつくされ、参考書が似たようなものがたくさんあります。
一方、編入学試験は情報があまりなく、参考書によって勉強の理解度が大きく変わってきます。

今回はあまり人を選ばず、多くの人が使える参考書を紹介していきます。

スポンサーリンク

数学

編入数学対策は基本的にこの一冊で十分です。

とにかくこの一冊をやり込んで、解けない問題をなくすことが最重要課題となります。
解説がとても丁寧で基礎的な問題が多いので一冊目でも安心して取り組めます。

問題数がそれほど多くないので、人によってはやり足りないこともあるかもしれません。
それでも一度は解くべき基礎問題が多いので、まずはこの本に取り組みましょう。

詳しくはこちら↓↓↓↓

スポンサーリンク

物理

筆記試験を控えている人向け

物理はとにかく問題を解いて、感覚を掴んでいくことが何よりも大切

そこで最適な演習書は上の二冊です。このシリーズの特徴は大学1,2年で習う基礎的な問題が多いこととその解説の多さです。
嬉しいことに編入学試験の過去問も載っています。

誤植が多いのが難点(正誤表を見ればなんとかなる)ですが、それを差し引いても編入物理に最適な問題集です。

口頭試問を控えている人向け

口頭試問を控えている人は、とにかく基礎を固めることが重要。

基礎を固めるには問題集よりも教科書となる本を買うのがベスト。
教科書に沿って進めていき、例題や問題があれば解いていくという流れが適しています。

この2冊は応用的なことは一切記載がなく、とにかく基礎を固めるのに向いています。
また、多くの大学や高専で使われている名著として知られています。

物理の有名な参考書シリーズで「サイエンス社の黄色い本」がありますが、あまりおすすめしません。
というのは、こちらのシリーズは基礎問題の他に応用問題があり、それらの区別がないため編入物理では扱われないような問題もあります。
主に院試向けであり、余力があったら取り組むというのが良いでしょう。

2021/12/2 現在
「大学生の初等力学」「大学生の電磁気学」が普段よりも高額(¥6000ほど)で販売されているようです。
そんなお金は出せないという方はこちらの記事を参考にして他の参考書を探してください。
もちろん中古で買うのもありです。

詳しくはこちら↓↓↓↓

英語【TOEIC】

TOEICの単語帳と言えば金のフレーズ(通称、金フレ)といっても過言ではないほど人気の単語帳
単語が目標スコア別に分かれているので自分にあったレベルから始めることができます。

こちらはTOEICの総合対策本です。

TOEIC初心者向けの本であり、600点を目標に作られています。

制限時間が短いことやリスニング音声の速度が早いなどの理由により、TOEICには特有のコツがかなり重要になってきます。
そのようなコツは総合対策本にしか載っていません。
ある程度のコツで点数を上げられるのがTOEICであり、この本には模試も収録されているので600点突破に必要なものは揃っています

詳しくはこちら↓↓↓↓

スポンサーリンク

最後に

参考書は時間もお金もかけて、扱っていくものなので買うときは慎重になります。

余談ですが、僕は参考書をある程度図書館で使って、いい本だと思ったら買うようにしていました。
なぜかというと単純に図書館の返却期限が来てしまうというのが1つ目の理由。

もう一つの理由は、自分で買った参考書はやらないともったいないという心理が働くからです。
みなさんも買ったまま放置している本をみるとそのような心理になるのではないでしょうか。

あと受験中使った参考書を持っているとその本に愛着が湧いてきます。
なぜか手放せなくなってしまうものなんですよ。

なのでぜひ迷ったら買ってみてください。

他にも編入学に関する記事を書いているので、ぜひ御覧ください!!

勉強法編入
スポンサーリンク
凡才たぬき

とある国立大の大学院生。高専から編入学、そして外部院試を経験しています。
備忘録も兼ねて、ブログを運営中。
加えて日記として note を使用。
何か聞きたいことがあれば、Twitterかメール(physicsblog.acc@gmail.com)でお気軽に聞いてください。
投げ銭はこちら

凡才たぬきをフォローする
凡才たぬきの物理
タイトルとURLをコピーしました